2011年03月25日

大至急!読んでください!

これをご覧頂いている皆様、

気仙沼に友人がいるお友達から連絡がありました。

「子供服を送ってほしい!!」

と。

避難所ではなく、自宅にいる被災者たちは自宅にいれると言っても1階が津波で浸水して物が全部流されてしまって、物がほとんどないそうです。
そこで、一番困っているのは子供服なんだそうです。

避難所に送られてくる物資の中で子ども服は圧倒的にたりないようで、
避難所に取りに行ってももう既にない という状況なようです。

そこで、その友人の家から一括して子供服を送ろうという話になっています。

サイズは80〜110くらいまで です。

今子育て中の方で送ってもよい、サイズがもう合わなくて余っている、などの服がありましたら
まずは私までご連絡頂けませんか?
靴や帽子、手袋やスタイ、上着、ジャンパーなどもどしどしお願いします。
もちろん、着れなくなったり、もう着る予定がないものなどでムリはしないでくださいね。

その友人の家の住所をお教えしますので、そこに直接送ってください。

伝票の品物名は「子供服」と明記してください。

元払いか着払いかは、お任せします。
友人は「着払いでいいよ!」と言ってくれていますが、友人宅に集まったものを一気に送るとなると
友人が払う送料もすごいかかると思うので、せめて私から送る時は元払いにしようと思っています。
これは本当の意味での募金だと思っています。
そう言う事に使われたいもん、募金したお金って。
そしたら、ダイレクトに募金していることになるもんね☆



そして、
送るときの注意です。

サイズや形ごとに袋分けし、
その袋に「サイズ」「トップスかボトムか」「性別(男の子用など)」を大きく書いて欲しいのです。

例えば 「男の子用 トップス 110」というように。

やはり現地に届いても全部開けないといけないとなると大変ですから。

たくさん送ってあげられたら避難所以外で寒い思いをしている方々にも届ける事ができると思います。

ほんの一握りかもしれませんが、
それでも、こういう話がきたということは
私にもできることがある!と思って喜んでいます。
私もせっせと洋服を整理しています。

先方はどんなに汚れていてもどんなもんでもいいです!と言ってらっしゃるそうです。
そうです、そんなにも切羽詰まっているんです。
当たり前です。
だからこそ、「汚れていて申し訳ない!」という気持ちでどんどん送るつもりです!(笑)

私だったら「何でもいいから欲しい」って思うもん。

だから

ぜひみなさま、何卒宜しくお願いします!

マス
posted by ののむし at 22:49| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。