2009年02月17日

複雑な正直な思い

今日、ゆらこの3、4ヶ月検診に行ってきました。

090215_1651~0002.jpg


本当は終わっているはずの検診でしたが、入院していて受けられなかったし、
健康な赤ちゃんはどのくらい大きいのかを見てみたかったというのあり、保健所に相談して診てもらってきたのだ。

いろいろ考慮してくださり、一番最初に診てくれました。

私はいろんな質問をしたくて、メモ帳に書いてそれに書いてあった事を先生に次から次へと質問していきました。


090214_0909~0004.jpg



でも、 心ここにあらず でした。


どうしても、どうしても、
他の赤ちゃんが気になってしまい、落ち着かなくなっていました。
いくら自分の子が可愛くて障害があったってかまわない!って思っていても、やっぱり心のどこかで他の子と比べる自分がいる事に腹が立ちました。

体重だって、身長だって、ミルクの量だって、
ぜんぜんまだまだ小さいゆらこ。


他の子の元気な泣き声を聞き、つられてゆらこも泣きました。

「ゆらこは麻痺が残ってて、声が小さいんですよね〜。」
と言うと、保健婦さんが

「あらら〜、切ない声だわぁ」

と言いました。
私は、何か胸のあたりをわしづかみにされたような気持ちになりました。

私は、基本的にあまり悩まないし、キツいことを言われてもあまり傷つかないタイプです。
でも、それは「私の事」についてはそうだということに気がつきました。

娘の事を言われると、どうしようもなく傷つく自分がいました。

「私はもうこの声で慣れてるんですけどね。」

というのが精一杯でした。
普通の何気ない言葉だと思います。
でも、久々に凹みました。



ゆらこは心臓以外の持病で、きっと1歳半、いや、2歳を過ぎてもまだ歩けないかもしれません。

でも、この子のペースなんだって心から思って、愛おしく感じ、日々家族で笑いながら過ごしていいるんです。

でも、その気持ちは細い糸で綱渡りしているんだって事に気付いてしまったかもしれません。
一つ狂えば、どうしようもなく凹み、傷つき、笑う元気がなくなってしまうんじゃないか?
そのスイッチはどこにあるのかはわからない。
自分でも。


090203_1838~0004.jpg



3、4ヶ月の健康児の観察に行ったつもりが、
私が元気に産んであげられなかった事の辛さが溢れ出てきて、
涙がこぼれないうちにその場を離れるのが精一杯でした。

ゆらこはいつものように抱っこされながら、呼吸音をだしながら眠っていました。

私はその検診の会場で、ゆらこが泣かないように必死でした。

それは、心臓に負担がかかるから泣かせないんじゃなくて、
元気な泣き声しか聞いた事のない若いママたちが
ゆらこの泣き声を聞いてこっちを振り返るんじゃないか。
聞いたこのもないような泣き方に、びっくりしてこっちをみるんじゃないか。

そんな、酷い事を考えていました。

そう、私は自分の為にそうしていたんです。

私は酷い母親です。

眠るゆらこの顔をみて泣きました。

ゆらこはきっと、
生まれながらにして病気を持ち、治療していく事がきまっているので、それが自分なんだと受け止めてくれるでしょう。

きっとこういう思いはどんなに考えても考えても解決はしないし、正解もないし、悩んで悩んでいくんだと思う。

キリがないなぁ。


ゆらは、たくさん笑います。
それをみて、ののかもたくさん笑います。

娘達が大きくなってから支え合ってくれることを願っています。

ののかに言い聞かせています。

「ゆらを守ってね。ののかはママが守るから。」

ののかはきっといいお姉ちゃんになる。
ゆらはお姉ちゃんの言う事をよく聞く可愛い妹になると思う。

私は 大きなママ になりたいなぁ。


もっともっと器を大きくして、娘たちを守っていかないと。
こんなことでいちいち凹んでらんないなぁ。。。

障害?

だからなんだ?

心の中は忙しいけど、

人の目は気になるけど、

そんな積み重ねがあって、強くなれるのかもしれないなぁ。

産まれてから3ヶ月で私の中に結構強い免疫ができたと思ったけど、
この先もいろいろありそうだなぁ。



 今日は懺悔の日記。

 








posted by ののむし at 15:23| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
のの&ゆらママ!
全然自分を懺悔しなくて大丈夫ですよ。
健康な人だって、他の人のものが欲しくなる。
他の人が羨ましくなる。 当たり前の事だと思います。

だって!人って元気に産まれてくれたらそれで良い。から始まり・・・
早く寝返りうって! 早くハイハイして!
速く歩いて!早くオムツが取れて!って
どんどん求めていく生き物なんだもんね。

だから!比較しても良いんだと思います。
その子にはその子のペースがあると思う。
健康な子供でもね。

でも!もう少し周りの声が優しければ良いのにね。何気ない一言に人は傷つき悲しむものだから・・・
Posted by やっち at 2009年02月17日 23:26
子供もいなくて能天気に暮らしている私が何を言っても説得力無いけど…。
他の子と比べて落ち込んだりするのは仕方ないし、
どんな親でも、んー、親とか関係なくてもいろんなことに一喜一憂するのは当たり前。
悲しい時は落ち込んだり泣いたりすればいい。
だって嬉しい時はきっとたくさん笑ってるでしょ。
ひとつだけ私が言いたいのは、
MASYUが元気に産んであげられなかった事の辛さに押し潰されないで欲しいということ。
子供ってのは産まれ出る親を自ら選んでこの世に出てくるんだって。
このパパとママならきっと大丈夫ってね。
Posted by あゆ at 2009年02月19日 00:55
やっちさん>

ありがとうございます。
その子のペース に慣れるまでに時間ってかかるんですね。。。
どんどん求める生き物。
その通りですね。
強くなれそうな言葉をたくさんありがとうございます。
気持ちがズーンと伝わりました。



あゆ>

ありがとう。
説得力、ものすごいあるよ。(笑)
ゆらも、もっと優秀なママがこの世にはたくさんいるのに、よくあたしなんかを選んだもんだ。(笑)
でも、ゆらこはすっごく可愛いよ。
おしゃぶりしてるのに笑いかけてきて、
おしゃぶり飛んでくんだもん。
ん〜、宝物だ。
Posted by masyu at 2009年02月19日 22:18
惜しみない愛情を注いでくれるママでしょ、マシュは。
だからマシュを選んだんだよ!!
あたしだって、生まれる時期が今ならばマシュを選んでたと思うわ!! 笑

日々気持ちを惑わす出来事っていっぱいあるけどさ、
結局一緒にココにいてくれるんだもん。
それでもぉ全部アリガトウになるよね☆

ママ、負けんな〜!!
Posted by ひな at 2009年02月20日 10:57
惜しみない愛情を注いでくれるママでしょ、マシュは。
だからマシュを選んだんだよ!!
あたしだって、生まれる時期が今ならばマシュを選んでたと思うわ!! 笑

日々気持ちを惑わす出来事っていっぱいあるけどさ、
結局一緒にココにいてくれるんだもん。
それでもぉ全部アリガトウになるよね☆

ママ、負けんな〜!!
Posted by hina at 2009年02月20日 11:00
お久し振り!
陰ながらいつも応援しとるけんね!

読んでるうちにアッコは胸が苦しくなってきてさ。。。
でも自分を責めることはしなくていいよ。
マシューはマシューのたくさんの愛情で包み込んでるんだからそれ以上にゆらちゃんにとって幸せなことはないよ。
これからたくさんのことを親子で経験していくだろう。。。でもその経験はみんなが経験しないことかもしれないけれど、貴重なことでいろんなことを学べると思うし、その経験がないと大きく成長できないかもしれない。
えらそうなこと言ってごめんね。

少しずつでも成長できることって幸せなことだからマシューも無理せんようにね!!
Posted by アッコ at 2009年02月21日 18:31
ひな>

ありがとうね。
ありがとう。


アッコ>

ありがとう。
そう、みんなが経験できない事を経験出来てるから、
なんだか自分が誇らしかったりする。
これからも成長していきたい。
頑張るさ!
Posted by masyu at 2009年03月05日 23:03
世界に一人だけのゆらちゃんのママへ、

この書き込みを読んで、20数年前の私の育児のつらい思い出が鮮やかに蘇ってきました。私も数え切れないくらい、医療関係の人達や、周りのママたち、自分の身内の一言ですら、傷ついて落ち込んだ経験があります。お乳を飲まない、大きくならない、夜泣きがとまらない、奇声を発する等など言われて、どれだけ泣いたことだろうと今振り返って思います。がなんてったってこの子の母は世界で私一人、世界で私が一番この子を愛して慈しんで育ててゆくことができるんだと信じてやってきたような気がします。これはすごい特権です!私がSUMIRE式育児法を持ったように、MASYU式育児法で乗り切ってくださいね。

思うに子は親を選べません。なのにゆらちゃんがMASYU先生の娘として生まれたことはなにか大きな神様の摂理を感じ、また信じています。感謝な事です。(自分の成人した子供達の事も今書いていて再確認です(^^;)

”My Life Is In Your Hands”という歌詞の通り、私の人生は主の御手にあると信じています。何があっても、何が起ころうとも・・・。この曲を歌うととても癒されます。さあ、世界に一人だけのののむし&ゆらママ、素敵な歌を明日もご家族に聞かせてくださいね。遠くからゆらちゃんのためにお祈りしております。
Posted by SUMIRE at 2009年04月27日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114390302
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。