2011年03月29日

やりました!!

ののむしやりましたっ!!!

保育園で描いた絵が『世界児童画展』で入選しましたー!!!!

やったやったー☆

「カブトムシ」という作品です。
http://www.biiku.jp/cgi-bin/database41.cgi?keys1=13&keys3=1&submit=%92n%88%E6%81E%8DZ%8E%ED%95%CA%8C%9F%8D%F5%82%F0%8E%C0%8Ds%82%B7%82%E9

私もどんな絵か知らないので見るのが楽しみ☆

全国を旅して回って、東京は7月頃に展示会があるようです。
うひひ☆


毎日、動物になりきったり恐竜のフィギュアを握りしめて、絵ばかり描いているののむし。

こうやって形になると嬉しさ倍増です。

親、感無量です。

お知らせでした☆
posted by ののむし at 11:55| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

ののむしの気持ち

IMG_0385.jpg

さっき、お風呂に入っている時、ばあばに頼んでゆらじを先にあがらせてののむしを膝に乗せて言いました。


「いつもママの言う事を聞いてくれてありがとうね。」


すると、


「のの、いつもママの笑顔が見たくって。でもすぐに失敗しちゃってママを怒らせちゃうんだ。。。」



と言いました。


いつも、感謝を言葉にしてののむしに伝えると、ののむしはものすごい真剣に私の顔を見ます。

その言葉も、

ちょっと演技がかっているものなのか、
本心なのか、わからないけれど、
確かにののむしの言葉。

私は「気を遣わせている」と思って ハッとした。

でも、私に甘えようとして言ったのかもしれないし、
私がその言葉で可愛がってくれると思って言ったのかもしれないし、
あまり勘ぐるのもダメだけど、

少しだけ勘ぐって、あとは素直に受け取りました。

親子のかけひき。

すごく良い時間が流れた。




なんか、さっきの出来事を記録しておきたくてさっそくブログUP。
久々に女同士はだかで抱き合いました。(笑)

「ママのこと大好きだから」

という言葉をもらって、
胸の奥がぎゅーっっと熱くなって
目頭が熱くなって
ののむしを部屋に送り出したあと
風呂場で一人
泣く32歳でした。
posted by ののむし at 21:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

身の毛もよだつ話。

みなさん、ののむしから例の「ちんちゃん」の話が飛び出しました。

それが。。。




ののむし 「ママー、ちんちゃんのおうちに行かない方がいいよ。」

私    「っ!?なんでっ!?」

ののむし 「今ね、ちんちゃんのおうちに 油おばけ が来てるから。」

私    「あぶらおばけ?? どんなおばけ?」

ののむし 「めめが一つしかないの。おくちもおっきくて。」

私    「よしっ!書いてみて!」




と紙を渡してののむしが書いた絵がこれ。。。

(どうせ保育園で見た紙芝居か絵本の中に出て来たんだろうと、今日の朝何人かの先生に聞いてみた。
「なんですか?それ。聞いた事ないですねぇ。」
と。)


100722_0844_02.jpg

そして、最後にひとこと。



「あぶらおばけは、体があぶらだらけだから絶対にさわっちゃだめ。」



ひえぇぇ・・・
posted by ののむし at 11:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

日常写真日記

ゆらこ、大きくなったなぁ。。。



IMG_0128.JPG



ののか、お姉ちゃんになったなぁ。。。



IMG_0127.JPG




二人とも、知らない間にこんなに大きくなってた。


IMG_0138.JPG




なんでもない幸せ。

ありがたや。


IMG_0130.JPG
posted by ののむし at 01:20| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

ののむし3歳6ヶ月 ゆらこ1歳0ヶ月

最近、ブログアップ率高いな☆エラいぞ自分☆


090929_1858~01.jpg



子供たちが寝て、1人の時間。。。。

ネットサーフィン、考え事、片付け、 など
いろいろやりたい事はありますが、

まず、ひたすら眠い。。。

子供たちをトントンしている時から自分も ぼー っとしてきて、
寝たあとに体を起こすかそのまま寝るかをいったん考えて、
「寝よ。。」となる日と「おし、起きる!」となる日と、
2つあるわけですが、

ま、ほぼ寝てしまいます。

今日も頑張って今起きていますが、もうすでに8割は眠っています。

あぁ、夜型だったわたし。
あぁ、アクティブだったわたし。
あぁ、顔の筋肉を結構使っていたわたし。
あぁ、遅刻魔だったわたし。(笑)

どれもこれも 今はない。

でもいいんだいいんだ。
今はとっても楽しくなってきたから。
ゆらこもだいぶ人間らしくなってきて、「ただ大変」な感じから
少し余裕がでてきたから。


091003_0927~0001.jpg



今日はゆらこの定期検診だった。

すると、入院していた時に同じ病室だった子に会い、感激!
そしたら入院中の担当看護師さんにもばったり会い、猛烈ハグ!
そしてそして、
同じ病室で約2年入院していた子が無事に退院できて、その子に外来でも会えて、涙目。

心臓病を患っている子供を持つ母親同士の会話は、なんだかしっくりきました。

同窓会みたいで、みんなかなりのハイテンションでおしゃべりしまくりました。(病院で 笑)


ゆらこは今回も無事に終了。
心臓血管外科の受診は1年に一回となりました☆

今は今期2回目のシナジス(注射)を太ももに打って、冬を乗り切るために頑張っています。
9月から来春まで、毎月1回、太ももに左右交互に打っていくのですが、
今日はシナジス手帳(注射の記録)も渡してないのに、ベッドに横になってからいきなりゆらの左の太ももに ちっくん!!

私   「あれ、シナジス手帳まだ渡してないですよ。。そして、先月も左だったんですけど。。。?」

看護師 「えっ!?今期、初回じゃなかったっけ?さっき言ってなかった!?」

私   「そんな話は一度もしてないよ〜」

看護師 「あー!!ごめーーん!!すっごい勘違いしてたよぉ。。。」


という感じで、終了。(笑)

来月は体重も増えたのでシナジスの量が増え、なんと、左右の太もも同時に2本ぶっさされるようです。(ひえー 涙)


そしてののむし。

ゆらに負けています。(笑)
顔をひっかかれて(写真1:鼻に傷をつけられた)、おもちゃを取られて、
遊びを邪魔され、ママの抱っこも取られ、、、。

お姉ちゃんは大変です。
でも、二人は仲良しです。

二人のやりとりを見ているのが私の一番好きな時間です。
091006_2237~0001.jpg
ののむし画伯の「ママの顔」。天才です。
posted by ののむし at 01:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

ゆら 1歳

IMG_8129.JPG


ゆら 1歳になりました!!!


昨年の今日、ゆらは元気に産声をあげて産まれてきました。
1ヶ月早かったのに、2604gで立派に成長していました。

まだ誰もゆらの病気の事なんて知らずに、ただ喜んでいた1日だったな。(笑)

そこから、山あり谷あり、今日まできました。


いつも遠くで見守ってくださっている皆さん、
心からありがとう。

ゆらをここまで導いて下さった秋田と東京の病院の先生方、
生涯感謝し続けます。

そして、
両家族。


心の奥の奥の奥から ありがとう。







1歳になったゆらへ。



この言葉を書いただけで涙で画面がよく見えないな。。。。

さっき2人っきりでお風呂に入って、あなたにバースデーソングを歌いました。
「ん?なんだ?」という顔で聴いてたけど、じっと私をみつめる目が
真っ黒に澄んでいて、私の方があなたに生かされているんだと気付かされました。

小さな体でよく頑張ったね。ありがとう。

予定より1ヶ月早く産まれてきたゆら。
陣痛を止めるお薬も効かないくらいぐんぐんと陣痛がきて、
元気よく産まれてきてくれた。
あなたが「今出て行かなきゃ!」って頑張って出てきてくれたんだね。
あのままだったら、天使のままだったかもしれないね。

ママはね、ゆらに会えて嬉しいんだ。

会える日まで、たくさんの愛を用意して待ってたんだ。

ゆらが舞い降りてきたこの場所は、ゆらを守るための強い絆がある。
何かと引き換えに君に眠る強い命は、輝くためにあるんだよ。

これからもたーっくさん笑えるように、頑張っていこうね。

小さな声で泣いて、小さな声で笑う 私の大事な宝物。
愛おしくて愛おしくてたまらないよ。

ゆらが教えてくれたことは、ママの胸いっぱいに広がって
とても大きな世界に導いてくれた感じがする。
ありがとうね。


ゆらのこれからの誕生日も楽しく笑って迎えられますように。。。
パパ、ママ、ののかと繋いできた手は、しっかりとゆらに繋がったからね。
多少強い風が吹いたって大丈夫。



ゆら

心から愛してるよ。




ママより

IMG_8106.JPG







posted by ののむし at 22:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

ののむし&ゆらこ

このブログは記録も兼ねていることをすっかり忘れていました。。。


090903_1340~0001.jpg


ゆらこ、つかまり立ちができるようになりました!!
1歳を目前にしてやっと。。。(涙)

やはり、心臓に持病を持つと、何かと成長が遅れるみたいですね。
約2ヶ月は遅れがあると誰かに聞きました。
特に手術もしているので、ゆったりちゃんです。

現在のゆらこは 身長 ・・・分からず(笑) 体重 7.5キロ付近です。
最近重くなったなぁと感じます。

離乳食もたくさん食べます。

090903_1339~0002.jpg

でも、ひとつ困った事が。。。

ストローもマスターして、自分ではごくごくいきたい!のに、
ストローでごくごくすると、ゲホッ!ゲホゲホーっ!と咳き込みます。

やはり声帯麻痺が影響しているんだと思います。

左の声帯とその前の粘膜が麻痺しているゆらこ。
これが治りません。
おそらく、このまま治らない確立の方が高いね とも言われ、ショックでしたが、
ま、小さくても声が出て、息もできてご飯もミルクも自分で飲めるからいいや☆
という感じです。(笑)

哺乳瓶で出てくる量の感覚で飲めばスムーズですが、やはりこの先ストロー必須になってくるし、、、。
いつストローでごくごく飲める日がやってくるかはわかりません。

自分でゲホゲホしながら調節できるように特訓するのか、それともこっちから適度に外してあげてムセることなく飲めるように促してあげるのが良いのか。

・・・わかりません。(笑)
どうしよ。。。

ちなみにご飯類はいっちょまえスプーン1杯でもごっくんできます。
水分はすっと喉を通るからむせやすいのかな??


090906_2108~0007-1.jpg


【ゆらこができるようになったこと】
(懐かしいなぁ。。ののむしのときに書いてたなぁ。って、ゆらこのはかなりアバウト 笑)

◯おすわり
◯ずりはい
◯バイバイ
◯ちょーだい
◯「んばーばー」と声を出す
◯音楽に合わせて手拍子
◯ストロー飲み
◯「ゆらちゃーん」『はーい!』と手をあげる
◯つかまり立ち
◯ご飯の食べる順番を自分で決める。食べたくないのは首をそらす
◯ママの腕にお口をつけて ブー! と音を鳴らして私を笑わせる
◯ご飯の時にあーんしたスプーンをかじって私が「こらー」というと離す遊び
◯なにか欲求があると 「あ”〜!」と叫ぶ

ま、こんな感じです。

そして何よりも、 呼吸音 は無くなりました〜!!!!

今まで退院してから呼吸はいつもズゴー!ズゴー!と音が鳴っていました。
先生曰く、「ストローの先にラップをして息をしている感じ」という感じでした。
これだけでも苦しそうです。。
確かに聞いているこっちは本当に辛かった。
早く大きくなれ〜って毎日思っていました。
大きくなれば、喉も広がって呼吸がしやすくなるから。

あれから約1年。
すっかり呼吸音は消え、夜は ちょっと寝息のうるさい子 程度になりました。(笑)
そして、時にはスースーと静かに呼吸しています。

よかった。。。

定期検診も順調です。

今月からRSウィルス対策にシナジスという注射がはじまりました。
三種混合の予防接種とHBワクチンの予防接種とシナジス。

ゆらこは今月から左腕、右腕、左太もも の3カ所同時にお注射ちっくんです。
あー。。。

このシナジス、来年の4月まで続きます。
そしてまた来年の9月から始まります。
感染症シーズン到来 ということです。

1歳にならないゆらこは、結局シーズン関係なく感染症にビビっている毎日です。(笑)

でも、そんなゆらこももうすぐ1歳☆
本当に感慨深い。

1歳ですよ!?

あのゆらこが!!(笑)
いつまでもかわいいおちびさんではないということだ。
そして春が来たらののむしも4歳。

私は4歳と1歳の母になるのか・・・。早い・・・。


090831_0848~0001.jpg


そしてののむし。

IMG_7841.JPG

この子は・・・元気すぎるっ!!

とにかく走り、回り、叫び、飛び、踊り、歌い、、、

090912_1424~0002.jpg090912_1346~0002.jpg090912_1346~0001.jpg


でも、ステキ名言も飛び出すようになりました。
(ミクシー読者さまダブってすみません。記録なもんで・・・)

かわいいステキ名言 1

「ママー、自転車を動かすと風がついてくるねぇ」

かわいいステキ名言 2

「ママー、雲がピンクになってきた。そろそろ夜がくるねぇ」


母、心がくすぐられます。
そして、言葉の成長にもびっくりです。

090901_2055~0001.jpg

ののむしは、比較的言葉が遅いと思います。
話し始めるのも遅かったし、上達するのも遅かった。
近所の子は2歳になりたてでべらべらしゃべっていた。

子供はその子に寄って成長スピードは違うんですよねぇ。
ちなみにその子の妹10ヶ月は6ヶ月でひょこひょこ歩いていました。(驚)
普通、6ヶ月って、お座りできても「早いね」くらいだよね?
今日なんて、10ヶ月になって2歳のお姉ちゃんとののむしにまざってお砂場で遊んでました。
ゆらこなら確実に前抱っこかおんぶかベビーカーで見学ですよ。

この違い!!

多分、1人目なら悩みに悩みに悩んで落ち込んでどうしようもないと思います。
ここが二人目の感覚です。

ちっとも気になりません。(笑)

しかも、ゆらこは重い心臓病で難しい山をいくつも越えているから、
成長が遅いくらいは 屁 です。


IMG_7819.JPG

ののむしはとにかくゆらこを大事にします。
そして、ゆらこはものすごくののむしを好きで、とにかくくっついて回ります。

ののむしはよその小さい子(特に赤ちゃん)にも優しく接します。
泣くと顔を近づけてよしよしし、時にはチューもします。(勝手にすみません)



ののむしとゆらこの絆、もっともっと深くなっていく予感。



子供部屋をこっそり覗くと、ののむしとゆらこ二人並んでごっこ遊びをしています。


本当に愛おしい瞬間です。




posted by ののむし at 00:11| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

二人のお豆ちゃんたち。

こないだは写真をドン!と載せただけの簡単日記になってしまいましたが、
分かりやすくていいですね。(笑)
※都合により写真は後日アップします。


さて、最近のお豆ちゃんズは元気です。


まずは ののむし。


3歳と5ヶ月になりました。
言葉ももうだいぶ流暢に話し、会話もはずんでいます。
お姉ちゃんっぷりも上がってきて、ゆらこが可愛いくて仕方ない感じです。
でも、やっぱりゆらの物はのののもの。のののものはのののもの。(笑)

ゆらこが飲んでいる物を見て、同じものを飲みたがり、
遊んでいるおもちゃをとりあげて、隠したり。

ゆらこをおもちゃのお部屋におもちゃで釣ってズリハイさせて連れていき、
ドアをバタン!。
そーっと中を覗いてみると、
自分の足の間にゆらこを座らせて絵本を読んであげていました。

私は涙がちょちょぎれて、「うぅぅ、姉妹愛だぁぁ」と胸が熱くなったりして。




そして、ゆらこ。

ゆらこの心臓は順調のようです。
先日病院へ行き、先生に診てもらいました。

私 「あのぉ、退院してから心エコーも心電図もなにもやってないんですけど。。。」
先生「うん、まだいいよ。来年あたりしようか。えーっと2月ね。」
私 「あ、そうですか。(笑)あと、足が冷たいんです。
   汗も、暑いからなのかどうかが気になります。。。」
先生「(足や体をもう一度診てから)足の冷たさは心臓のせいじゃないと思うよ。
   汗のかき方に何か関連してるのかもしれないし」

といった感じのやりとりをし、無事に終了。

遅れて始まった予防接種をせっせとこなし、その間に冬期は毎月シナジスを注射。
冬期は9月から始まるので早速シナジスを注射。
三種混合ワクチンとHBワクチンも注射したので、右腕、左腕、左太ももに3発の注射をくらったゆらこ。
泣くわ泣くわ。。。

注射をうってくれる看護師さんたちもゆらこの心臓のことをわかってくれているので、

「ゆらちゃん!泣かないの!はい☆いい子だよ〜!ほらほら〜、落ち着いて〜、
もう終わるからね〜!!」

とずっと叫んでくれています。(笑)

そういえば、新型インフルエンザワクチン、ゆらこは早めに受けられるんだろうか?




そして、わたし。

私も何気に病気と戦っています。(内臓系)
何かは秘密という事にして、(笑)
健康のありがたさを日々感じて、子供たちとの日々、旦那さんとの日々、家族との日々を大切にしています。
本当に大切にしていて、思った事は言うようになりました。(良いこと)
ありがとう や、ごめんね は後悔しないように、思った瞬間に言うようになりました。


そして、何より、自分が病気になったことで不安になり、落ち込み、どうしようもなくなって実家の家族に甘え、イライラし、大声を張り上げて子供を叱ったり、、、。

「ダメ人間」になる所でした。


そんな私を救ったのは、実家のおばあちゃんの言葉でした。

自分でもわかっていました。
すぐにイライラして、どうせ私の気持ちなんかだれにもわからない!と悲劇のヒロインになり、その数分後には なにやってんだあたし、、、 のくりかえし。

そんな時、おばあちゃんが言ってくれました。

『あんたの精神状態が安定してないと、叱るときもただ感情を子供に叩き付けてるだけになる。怒鳴るという事は、あんたの気持ちが苛立っているから。精神を練りなさい。ぐっと我慢してよーく精神を練る。昔、私が母親に言われた言葉。《ならぬ堪忍、するが堪忍》。どうにもこうにも堪忍できない相手を許すことが本当の 堪忍する ということ。いろんな事に腹が立つのもわかる。私だってそうだった。嫁いだ先で家族が多く、ご飯時も準備が終わったら後片付けで、食べる事もできず、洗い終わるころには自分の分のご飯はなかった。冬場泣きながら裸足で走って実家に帰り、寝静まった実家にこっそり入って霜の降りた釜のごはんをしゃりしゃりと口にほおばり、そのまままた走って家に帰る。壮絶な嫁いじめに耐え抜いた日々だった。我慢は経験しなきゃできないもんなんだよ。』

私は、病気になった自分がかわいそうで、そんな自分には優しくするのが当たり前だと思い込んでいました。本当のバカです。
だから、優しくしなかった人にはムカついて、反発し、いじけて泣いてばかり。

ばあちゃんの言葉、本当に身にしみました。

人の親になって、自分の人生だけじゃなくなった。

ののむしが主人公の映画の監督&脇役。ゆらこが主人公の映画の監督&脇役。

あーでもない、こーでもない、こっちの方がいいな、あっちの方がいいな と、
本人たちが輝けるように本気で考えている人生に切り替わった。

愛する子供たちがいることで、病気や死が恐怖で仕方なくなった。
自分がいなくなる事よりも、子供たちのそばにいてやれないこと。なにか困った時に手を差し伸べてやれないこと、そしてなにより、
子供たちが大人になって生きていく姿を何が何でも見届けたい!
最後は自己満足ですけど。(笑)

死なんて大袈裟だし、自分の病気がそれに直接繋がってるわけじゃないけど、
やっぱり考えちゃう。

だから、日々がとても大切。

今 がとても大切。

何かきっかけがないとなかなか感じられないけど、感謝という言葉を言っただけで涙が出るような素敵な人間になったことは間違いないぞ☆(自画自賛)



私にはやりたい事がある。

絶対やるぞ。

さ、まずは二人の子育て頑張るか!
これが大変なんだわ。(笑)
posted by ののむし at 22:24| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

きゃー!気付いたらこんなに月日が!

まずこれ どんっ!!


IMG_7760.JPG
わ〜アイス〜☆

IMG_7716.JPG
お友達のakaちゃんと☆

IMG_7720.JPG
お姉ちゃんなんだから抱っこできるっ!!

IMG_7700.JPG
朝、秋田のじーたんと保育園へ

090819_1158~0002.jpg
朝ほったらかしてたら大ばあちゃんと木魚で遊んでた

090819_2129~0003.jpg
ののむしのズボンとゆら子のよだれかけはお揃い。(秋田ばば 作)
ちなみにママともお揃い。




本当はもっとちゃんとアップしたいけど、
今はこれでご勘弁を。。
近々またこんな感じでアップします。(手抜きか ?)

お豆たちは元気だよ☆

posted by ののむし at 23:57| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

ののむし 3歳2ヶ月 ゆらこ 8ヶ月

かなりのご無沙汰日記になってしまった。。。

いろんな事があり過ぎて、バッタバタな毎日でした。

ゆらこは順調です!
次の外来は6月11日。
心臓血管外科、循環器小児、耳鼻咽喉科、と一気に診てもらいます。
 
IMG_6739.JPG


ののむしは、3歳になったという事で、ベラベラしゃべります。


IMG_6775.JPG

おもしろいです。本当に。
会話が成り立っている上に、冗談や言い訳をはさんできます。
私はこれを待っていた〜☆
毎日楽しいです。

しかも、秋田に帰っていた間に通っていた保育園で、1人1人、
ひまわりの種を蒔いたんですが、東京に帰ってからすぐに
「ののかのが一番最初に芽が出たよ!」と情報が入ってきました。

おー!やったー!
じゃぁ、ついでに東京でも蒔こうよー!
ってことで、ひまわりの種を買ってきて、早速植えました。
2週間目くらいに芽が出てきました☆
どんどんおっきくなーれ☆


さて、ゆらこ。

IMG_6993.JPG

だいぶおっきくなってきました。
でもまだまだ小さいんですが。。。。

8ヶ月とはいえ、6ヶ月分しかないゆらこ。
おすわりの気配も、ズリハイやハイハイの気配も、ありません。
ゆーったりのーんびりゆーらゆらのゆらこ。
この子は本当に良く笑う子で、私が振り返っただけで笑います。
なので、目が合う度に笑いかけてくれるので、
私も笑い過ぎて口角の筋肉が痛いくらいです。

あさって外来。
今回も順調だといいな☆

さて、二人が寝たのをいいことに、好きなことやろーって
パソコンに向かってこれを書いてたんだけど、
眠い。眠すぎる。。。。(笑)

えっと、まとめてじゃなくて、頻繁に少しづつ更新した方が
良さそうだなぁ。(笑)

とにかく、うちの二人の可愛いお豆ちゃんたちは
とっても元気です☆
posted by ののむし at 23:15| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

ののむし ののむし3歳 ゆらこ6ヶ月

IMG_6609.JPG


ののむし、3歳になりましたー☆

IMG_6659.JPG


おしゃべりも上手。お歌も上手。
表情も仕草も一段と可愛くなりました。

3歳って、結構いっちょまえですよね。
ののむしもいっちょまえの仲間入りをしました。

おしゃべりも会話が成り立つし、いい訳もします。(笑)
なぜそうなのか とかも話してくれるので、だいぶ意思の疎通が楽になりました。



3歳になったののむしへ。


お姉ちゃんになったね。
とってもステキなお姉ちゃんです。
病気を持った妹だってことはまだ分からないのかもしれないけど、
妹に接する態度が優しくて優しくてあなたの心が暖かいという事が伝わってくるよ。
やんちゃでわんぱくで恐竜や怪獣や動物が大好きでまるで男の子だけど、
ワンピースを着てくるくる回るあなたはとっても可愛いよ。

私が怒ったりすると、「ママ、怒らないで。」と顔をクシャっとして笑うんだよね。
怒ってる事を忘れてギューって抱きしめちゃうんだよなぁ。

あなたが生きているというだけで、ママの力になる。
あなたはもしかしたら人より余計に我慢している事が多いのかもしれない。
これからも。
でも、パパとママはあなたが本当に寂しくならないように、手を出してもさっと握り返すほど近くに寄り添うからね。

これからも最高の笑顔を見せてね。
愛してるぞーーーーー!!!!

ママより

IMG_6708.JPG

さて、ゆらこは、
だいぶしっかりしてきました。

体重は相変わらず軽いし、身長も小さいな。
でもゆらこペースとしては良い感じ☆
よく笑います。
ホント、振り返っただけで笑ってくれます。

そして、寝返りもしました!
歯も生えました!(下左)
BCGの予防接種も終わりました!

離乳食はもうちょっとあとにしようかな。
1ヶ月の早産&2ヶ月の成長の遅れがあるから、まだまだ先だなこりゃ。

生活音にも慣れてきて、ちょっとの音じゃぁ起きたり泣いたりしなくなってきました。
お姉ちゃんのパワフルサウンドにも慣れてきたようです。(笑)

夜も相変わらず風呂上がりの一杯を飲んだら、コテッと寝てしまい、そのまま朝までぐっすりです。
ママ、相当らくちんです。

寝返りはできるようになったけど、手術のあとの胸の骨が突起しているのが圧迫されるせいかあまり好きではないです。
寝返りをして「ふぇ〜」と泣きます。

あとおんぶも嫌いみたい。おんぶするとギャン泣きです。
前抱っこも、眠くなってウトウトすると前に顔がうずまってしまい、喉部分が狭くなり「ズゴー!」と音がなるのでうまく寝れずにベソかきます。

なので、いまだに赤ちゃん抱っこが多いかな。
縦抱っこも好きだけど、寝る時は赤ちゃん抱っこです。
それがまたきゃわいいんだな☆

IMG_6694.JPG

まみねえ(私の妹)もののむしの誕生日パーティーに来てくれたよ。
まみねえはいろいろ手伝ってくれるから本当に助かる存在です。
ありがとうね。

最近は初夏の気温でびっくりするくらい暑かったなぁ。
夏が怖いなぁ。。。
夏は大っっっっっっっっっっ嫌いです。(笑)
暑いのは本当に嫌い。

ってゆうか、人生で最大に太っています。私。
やばいーー。
本当の初夏までに痩せるぞっ!ふんっ!

って、宣言する人に限って「ダイエットは明日から〜♪」なんだよね。
ふーんだ。

IMG_6608.JPG
posted by ののむし at 22:59| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

ののむし2歳10ヶ月、ゆらこ5ヶ月初節句

ゆらこの初節句でした。

IMG_6469 3.jpg

ののむしも嫌がらずに着物を着てくれて、ゆらこも泣かないで着物にくるまれてバンボに座ってくれました☆

二人 おひなさまの前に座っているのを見て、
「あぁ、私は2人の子持ちになったんだなぁ」
って思って感慨深かったです。

私が産まれた時に買ってもらった7段のおひなさま。
私が着ていた着物のリメイクをゆらこが、
私が着ていた着物をののむしが着て、
並んでいました。

私ははっきり言って18歳の時から気持ちが変わってないと思っていたのに、気付いたらもう30歳で、子供も2人います。

ついこの間出産したのに、あの苦しみなんてすっっっっっっかり忘れて、
あれ、どこからやってきたの?この子たち。 みたいな。(笑)

人生はこうやって あっという間に過ぎてしまうんでしょうね。

ゆらこが産まれてからって訳じゃないけど、
1度しかない人生に悔いは残したくない って強く思うようになった。
今までは漠然とだったけど、今はしっかりと噛み締めている。

悔いが残らない事って、
何か特別な事をしてやろう!とか、夢を大きくもって!とかではないんだと思う。

何か特技を神様から与えられて、その夢や目標に向かっていく人、
結婚して子供に恵まれて家族を守っていく事に生き甲斐を感じている人、
会社でバリバリ働くキャリアウーマンの女性、
いろんな女を侍らして遊びを楽しんでいる男性、
病気と戦っている人、
家族の介護をひた向きにやっている人、
今後どうしたらいいのか悩んでいる人、
普通に暮らしている人。

みーんなそれぞれにドラマがあって、それぞれが主人公。
どんな生き方してたって、悔いはそんなには残らないんだと思う。

じゃぁ、何が後悔させるのか。
それはきっと、自分の気持ちに正直でいられるか ってことなんだと思う。

何かを諦めたって、「諦めたんだ!」って言い切れるなら、それで立派だと思う。
「挫折しました!」でも、「凹んでいます!」でも、「死んでしまいたいです!」でも、とにかく、
自分の気持ちに正直に向きあうことが、悔いを残さない事なんだろうと思っている。


IMG_6413.JPG


私は、この1年で、気持ちが大きく変化しました。
それは大きくなったんではなく、いい人になったのでもなく、

「柔軟になった」 んだろうな。

それは歳のせいもあると思う。
でも、最近の私、 好きだなぁ。

鏡を見ない ナルシストです。(笑)

IMG_6315.JPG


ゆらこももう5ヶ月になりました。
早すぎるでしょっ!!って毎日自分に突っ込んでも突っ込んでも新鮮な早さです。(笑)

前よりも無駄に泣かなくなってきたなぁ。
ご飯も、今まではお義母さんと交代で抱っこしながらの食事だったけど、
今は隣にバギーに座らせておけばよだれダーダー垂らしながらおりこうさんに座ってくれています。

ののむしはというと。。。

すっかり「嵐」ファンです。(笑)
それは私のせいです。

歌もだいぶ覚えました。
車に乗ったらすぐに「しょうくんかけて!」と嵐の曲をかけてと言います。
私は基本的に2曲くらいしか聞かないのですがその2曲は完璧です。(笑)
「♪走り出せ〜!走り出せ〜!」。(笑)

それと、ジブリの久石譲さんの曲もイントロが出ただけで
「ハウル!」とか「キキ!(魔女の宅急便)」とか分かるようになりました。

この才能は実はすごくて、2秒くらい聞いただけですぐに分かるし、
途中からかけてもすぐにわかります。
トム&ジェリーのDVDで流れているクラシックの曲も、TVから流れてきたりすると
「トムだ!」と言います。
これはすごいです。(親ばか? 笑)

IMG_6354.JPG


来月はののむしの誕生日。

3歳かぁ。。。
そろそろ習い事の年齢かしら??
あの子は体育会系だからとりあえずスイミングかしら?
ま、本人に聞いてみるか。。。

ゆらこは今月もシナジスの注射を打って、風邪ひかないように乗り切らねば!!

早く暖かい春がきますように。。。
ゆらこがたくさんお外に出られるように☆
花粉がつらいけど☆

・・・。

やだー。。。。





posted by ののむし at 00:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

複雑な正直な思い

今日、ゆらこの3、4ヶ月検診に行ってきました。

090215_1651~0002.jpg


本当は終わっているはずの検診でしたが、入院していて受けられなかったし、
健康な赤ちゃんはどのくらい大きいのかを見てみたかったというのあり、保健所に相談して診てもらってきたのだ。

いろいろ考慮してくださり、一番最初に診てくれました。

私はいろんな質問をしたくて、メモ帳に書いてそれに書いてあった事を先生に次から次へと質問していきました。


090214_0909~0004.jpg



でも、 心ここにあらず でした。


どうしても、どうしても、
他の赤ちゃんが気になってしまい、落ち着かなくなっていました。
いくら自分の子が可愛くて障害があったってかまわない!って思っていても、やっぱり心のどこかで他の子と比べる自分がいる事に腹が立ちました。

体重だって、身長だって、ミルクの量だって、
ぜんぜんまだまだ小さいゆらこ。


他の子の元気な泣き声を聞き、つられてゆらこも泣きました。

「ゆらこは麻痺が残ってて、声が小さいんですよね〜。」
と言うと、保健婦さんが

「あらら〜、切ない声だわぁ」

と言いました。
私は、何か胸のあたりをわしづかみにされたような気持ちになりました。

私は、基本的にあまり悩まないし、キツいことを言われてもあまり傷つかないタイプです。
でも、それは「私の事」についてはそうだということに気がつきました。

娘の事を言われると、どうしようもなく傷つく自分がいました。

「私はもうこの声で慣れてるんですけどね。」

というのが精一杯でした。
普通の何気ない言葉だと思います。
でも、久々に凹みました。



ゆらこは心臓以外の持病で、きっと1歳半、いや、2歳を過ぎてもまだ歩けないかもしれません。

でも、この子のペースなんだって心から思って、愛おしく感じ、日々家族で笑いながら過ごしていいるんです。

でも、その気持ちは細い糸で綱渡りしているんだって事に気付いてしまったかもしれません。
一つ狂えば、どうしようもなく凹み、傷つき、笑う元気がなくなってしまうんじゃないか?
そのスイッチはどこにあるのかはわからない。
自分でも。


090203_1838~0004.jpg



3、4ヶ月の健康児の観察に行ったつもりが、
私が元気に産んであげられなかった事の辛さが溢れ出てきて、
涙がこぼれないうちにその場を離れるのが精一杯でした。

ゆらこはいつものように抱っこされながら、呼吸音をだしながら眠っていました。

私はその検診の会場で、ゆらこが泣かないように必死でした。

それは、心臓に負担がかかるから泣かせないんじゃなくて、
元気な泣き声しか聞いた事のない若いママたちが
ゆらこの泣き声を聞いてこっちを振り返るんじゃないか。
聞いたこのもないような泣き方に、びっくりしてこっちをみるんじゃないか。

そんな、酷い事を考えていました。

そう、私は自分の為にそうしていたんです。

私は酷い母親です。

眠るゆらこの顔をみて泣きました。

ゆらこはきっと、
生まれながらにして病気を持ち、治療していく事がきまっているので、それが自分なんだと受け止めてくれるでしょう。

きっとこういう思いはどんなに考えても考えても解決はしないし、正解もないし、悩んで悩んでいくんだと思う。

キリがないなぁ。


ゆらは、たくさん笑います。
それをみて、ののかもたくさん笑います。

娘達が大きくなってから支え合ってくれることを願っています。

ののかに言い聞かせています。

「ゆらを守ってね。ののかはママが守るから。」

ののかはきっといいお姉ちゃんになる。
ゆらはお姉ちゃんの言う事をよく聞く可愛い妹になると思う。

私は 大きなママ になりたいなぁ。


もっともっと器を大きくして、娘たちを守っていかないと。
こんなことでいちいち凹んでらんないなぁ。。。

障害?

だからなんだ?

心の中は忙しいけど、

人の目は気になるけど、

そんな積み重ねがあって、強くなれるのかもしれないなぁ。

産まれてから3ヶ月で私の中に結構強い免疫ができたと思ったけど、
この先もいろいろありそうだなぁ。



 今日は懺悔の日記。

 








posted by ののむし at 15:23| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

ののむし2歳9ヶ月ゆらこ4ヶ月

早いもので、ののむしは2歳9ヶ月、ゆらこは4ヶ月になりました。

IMG_6128.JPG

ののむしとゆらこ、まったくタイプが別です。

ののむしは4ヶ月ですでに体重7キロあり、身長も大きく、グラフにすると標準から大きくはみ出る感じでした。
ゆらこは4ヶ月にしてやっともうすぐ5キロです。
身長はギリギリかな?

ののむしは頑固です。めちゃくちゃ。
そしてあまのじゃくです。
叱り方が難しいです。
ある育児本には「叱ってはいけないタイプの子がいる」と書いてあって、
ののむしが当てはまる気がしています。。。
でも、とっても素直で可愛いです。

ゆらこはよく泣きます。
本当によく泣きます。
朝から抱っこ抱っこ抱っこ抱っこ。。。。
今結構疲れちゃってます。(涙)

IMG_6105.JPG



ゆらこの状態は今はとても 順調 だと思います。
呼吸はだいぶ静かになってきました。
今までは顔を左に向けないと呼吸音が大きくもっと苦しそうになって大変でした。
でも今は右を向いても呼吸音があまりしなくなってきました。

心配なのは飲めるミルクの量が少ないことかなぁ。
ミルクを飲むのは運動と一緒だから心臓病の子は時間がかかったり
うまく飲めなかったりするって言われたけど、
あまりに飲めないから心配です。
でも体重も少しづつだけど増えていて本人も元気でニコニコしてるから
それで足りてるんだろうなぁ。
呼吸もまだまだ安定していないからだろうな。
すこーしづつでもいいから元気に育って欲しいなぁ☆

IMG_6168.JPG


ののむし、すっかり「お姉ちゃんモード」です。
「ののー」と呼ぶと「ののじゃない!お姉ちゃんだよ!」と言い返してきます。

私が長女で何でも「お姉ちゃんなんだから」って育ったから
そう言われるのはいやかなぁ?思って言わないでいたんだけど、
今はすっかりお姉ちゃんって言われるのが嬉しい時期みたいだから
ガッチリおだてています。

するとみるみる成長してくれました。
トイレも1人で鍵までしめてできちゃうし、
ご飯のあとも、テーブルの食器を全部キッチンまで運んでくれる。
ゆらこが泣くとバウンサーをユラユラしてくれてあやしてくれる。
家族でご飯を食べていると
「ちゃんと座って食べてね!わかった?」
と私が言う事を家族に言い放って『言ってやった!』風にご飯を食べています。
きゃわゆいです☆


ゆらこはなんであんなに泣くんだろ。。。
「あなた、心臓悪いんだから頼むよぉ」
ってつぶやきながら必死で抱っこしています。
昼間は外にも出られず家に引きこもってこれだから、
もうすぐ私ノイローゼになります。(笑)


でも、産まれて3ヶ月、薬で眠らされて
まともに抱っこしてもらえなかったんだもんね。
それを今取り返してるのかな?

呼吸が苦しい子は、レム睡眠とノンレム睡眠を上手に繰り返せない為、
トリクロという薬を毎日毎日使って眠らせていました。
眠らないと体力を消耗して悪化するし、体重もあまり増えず、体にもよくないってもあった。
夜はトリクロで眠らせて、鼻からミルクを夜中に注入していました。

今ではトリクロもなしでぐっすり眠れるようになったんだから
幸せなことだなぁ。

今は利尿剤と血管を広げるお薬と喉の薬で5種類のお薬を毎日3回飲んでいます。
で、これからは内分泌の治療も始まります。
ゆらこはこれからも試練は続くけれど、
とにかくおうちで過ごせる事に感謝して毎日笑顔で頑張るのだ☆

IMG_6177.JPG


そして、、、、、
ののむしの保育園で水疱瘡がはやりだしました。
そして、、、、、
今日保育園から電話があり、
「ののちゃん水疱瘡かもしれません」

ガビーン。。。。(汗)

で、急いでお迎えに行って病院へ。


「今んとこ 白 ですね。この発疹は水疱瘡ではないです。
でも、保育園で流行ってるならこれからなる可能性は高いです。」

と言われ、もしなったとしたらゆらこに移らないように用心しなきゃと
思っていた矢先。

家に帰ってきてののむしに手洗いとうがいをさせ、そのあと私がして
部屋に入ると。。。。

ののむし、ゆらこにおもいっきりチューしてました。。。。(恐)


し、仕方ないです。。。
姉妹なんだもん。移ってしまうのは仕方ないよ。。。。
でも、でも、、、、

あ〜んっ!!
怖いよ〜。。。

どうか、まだゆらこに移りませんように。。。
せめて1歳越えてから。。。

そして、ののむしもこれから水疱瘡になったら悪化せずに済みますように。。。



あ〜、
子育てって、胃に悪いです。





posted by ののむし at 00:19| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

ののむし親離れ & ゆらこ 術後

ゆらこは今、一生懸命頑張っています。
手術も頑張ってくれた上に、今もう一つの山を超えようとしています。

術後、安定していたので、人工呼吸器を外すという事だった。
一応呼吸器は体に付けていて、機械は止めている状態だった。
だから、このまま外しても大丈夫だろうと。

そう簡単ではなかった。

炎症や様々な影響で、気管が浮腫んでいて、気道がうまく確保できないでいて、息を吸うたびにゼコゼコいっている。
見るのが辛い。
でも、本人が一番辛くて一番頑張っている。

むくみをとるために、薬が使われたので安定して落ち着いてくると思っていたけど、どうやら回復が遅いらしい。
本来はもうとっくに落ち着いて自立呼吸もきちんとできていていいはずなのに。
赤ちゃんだからあごが小さく少し浮腫んだだけで気管が細くなりすぎるというのも原因にあるらしい。

とにかく、もう一晩待ってまだしんどい感じがあるならばまた人工呼吸器を付けるという話だった。

今日このまま呼吸が安定しますように。。。
ゼコゼコせずにスヤスヤ眠れますように。。。。

酸素が充分に摂れないせいか、体の表面(皮膚)があみあみしています。
(看護士さんたちが言っていた。)
これは、皮膚がパンと張っていなく、乾いたように細かいしわが出ている状態。
呼吸がうまく出来ている時はないが、苦しい時に出ているらしい。


平日はパパと入れ違いで面会に行っている。
今は心臓ICUにいるため、1日2回、30分程度しか会えない。

だから、こうしてパソコンに向かいゆらを思いながら臨床日記を書いたりしてる。

明日は今日より元気になっているだろか。


081018_0811~0007.jpg



ののむしは、相変わらず元気に保育園に通ってくれている。
ののむしの健康が唯一の救いだ。

時間がある限りののむしと遊び、時にはしっかりと叱って、
イチャイチャしたり、お話したり。

この時間が私を元気にしてくれる。


最近、周りの人に

「ののむしちゃん、我慢してるんじゃないの?かわいそうに。」

と言われる事が多い。
保育園の先生にも
「ののちゃんとの時間もちゃんと持ってあげてね。」

そして、ゆらの事も

「まだ小さいのに・・・ かわいそうに。」

とも言われる。

私は2人の娘にかわいそうな事をしているんだと自分を責めています。

言い訳はできません。

ののむしは保育園に行くと 「どこにいくの?」と聞きます。
もう仕事ではなく 『ゆらの所にいく』 という事が分かってきています。
寂しいんだよね。
自分が保育園に行っている間にママとパパは赤ちゃんの所へ行っている。
でも、毎朝笑顔で
「ののがゆらちゃん抱っこするの。」
と自ら言います。

胸が苦しいです。


って、

なんか、かなりくらーい日記になっちゃった。(笑)
心の中はぐちゃぐちゃだけど、
体や気持ちはめちゃくちゃ元気です。



ICUの隣の子はゆらより少し大きいこ。
同じ心臓手術の後。人工呼吸器を外したばっかりで、その子もゼコゼコ言っていた。

あぁ、同じだなぁ なんて思っていた。

ICUは開放的でベッドの仕切りもない。(当たり前か)
だから、先生とのやりとりも全部聞こえる。

隣の子のお母さんも、とっても明るく元気な人だ。
結構怖い事を言われても「そうですか。わかりました。」とすんなり言っている。

私も先生に「おなかのチューブが抜けましたよ。」と言われ、すかさず
「あ!そうですか。見せてもらえますか?」と言い、「やっぱりおかあさん達は強いですね。」と言われた。

となりでパパが「やめろよおまえ〜」と言っていた。(笑)
パパは、ゆらの手術の傷跡を見るだけで自分も痛くなって胸が苦しくなるらしい。

081018_0811~0002.jpg


最近、ののむしはもっぱら じじっこ。

お風呂も 「じじと☆」
ねんねも 「じじと☆」

ママとねんねしようよ〜 と誘っても 「やだ!」。
ママ 寂しいよ〜 となついても 「やなの!じじと!」。

パパなんか、触っただけですごい形相で 「やーめーて!!」。

パパ、かなりかわいそうです。(笑)
しかも凹んでいます。
ゆらの心配がある分、ののむしと遊びたいのに、遊んでくれません。

ののむし、早くも 親離れか?

これも仕方ない。
ゆらのいろいろでじじやあーちゃん(祖母)と過ごす時間が多かった。

今はののむしも慎重に見てあげないと。


私が2人いるといいのになぁ。(切実)


よぉし!明日も頑張ってこー!!!☆





posted by ののむし at 00:02| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

ゆらこ 手術前日

明日、カテーテル治療&検査
明後日、開胸手術。

いよいよ手術の日が迫ってきた。

本当は手術だけの予定だった。

でも、ゆらの心臓は思った以上に深刻で、金曜の手術だけでは改善されないという判断をしたらしい。だから、前日の木曜日にカテーテルで狭くなった所をバルーンで広げるという事をするらしい。

今回の手術は
「大動脈縮窄」の狭くなっている所を広げるというもの。
そして、追加になったのは
「大動脈弁狭窄症」の弁の所を広げるというもの。

縮窄の方は、比較的多い手術でうまくいけば生涯問題なく過ごせるらしい。
でも、狭窄症の方の弁のカテーテル治療については、とても難しいものだということを聞かされた。


カテーテルについて先生から話があった。

「大動脈の弁は通常3つあります。
ゆらちゃんの場合は1つしかなく、出口が狭くなっているうえに1枚しかないために、とてもしんどい状態にあります。
今回バルーンで広げるのですが、1枚しかない弁はバルーンで破っても、どこがやぶれるか想像つかないんです。
(癒着している弁などはバルーンで広げて弁をやぶり、裂いて3枚にするというもの)
うまく裂けて、なおかつ血液も逆流しなければ良いですが、、、。

本来、弁の部分の治療は1歳以上になったら、ロス手術(肺動脈の弁をそのまま大動脈に移植する方法)や人工弁、動物や人間の弁の移植 といった方法がとられるのですが、まだ1歳未満でこれらの手術ができません。
だからカテーテルでやるしかないのです。
でも、うまくいかず逆流やその他の症状がでた場合、やむを得ず胸を開いて手術します。
その場合、とても危険が伴います。

ゆらちゃんの今回の手術はとても難しいものです。
例もあまりない例ですので、あらゆる事を覚悟して下さい。」



パパと二人、静かな部屋で先生から話を聞きました。

明日は13:00からカテーテル治療。
麻酔をかけたりさましたりする方が危険を伴うため、
かけっぱなしでさらに人工呼吸器で金曜の手術が終わるまで頑張るらしい。


今まで特に管も付けず、体もきれいなゆらを見てきた。
でも明日からは機械に囲まれ、あらゆる所から管を入れられ、
小さな体で手術に向かって行く。

「治すために手術をするんだから」

パパが言ってくれた。
そうだ、この手術をしないともっと悪くなってしまう。
だから良くなるためにやる事なんだからって。

その通りだ。

でも、やっぱり。。。。


明日のカテーテル、うまくいきますように。。。
ゆらの弁がうまく裂けて血液も逆流ぜずにうまく動いてくれますように。。。。
まず、ここがクリアされなければ手術も始まらない。

今日はちゃんと寝て明日から始まる事に備えよう。


私はゆらを死なせない。
絶対家に連れて帰る。
お正月は家で家族みんなで過ごす。

絶対。
絶対。

posted by ののむし at 23:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

ののむし2歳6ヶ月

ののむし、2歳半になりました☆

IMG_5130.JPG

しゃべるしゃべるしゃべるしゃべる、、、、、、。
はっきり言ってうるさいです。(笑)

もう随分上手に話せるようになってきまして、会話もだいぶ成り立ちます。

しかもかなりの仕切り屋で人に指図します。
「ママ、やってよ〜ぉ」「食べさせてよ〜ぉ」

だいぶお姉ちゃんになりました。

お姉ちゃんになったといえば、
ののむしも本当のお姉ちゃんになりました。


次女が先月 9月25日 PM3:08 2604gで誕生しました☆

IMG_5105.JPG



早産です。。。まるまる1ヶ月早かったです。
なので、保育器に入り未熟な所を今現在も入院しながら治療中です。
未熟な所が多すぎて、まだまだ当分退院はできません。

里帰りしましたが、住所がこっちだしパパもいて安心だと言う事で急遽帰ってきました☆

名前は

踊良 (ゆら)

です☆
野乃歌と踊良、
姉妹そろって 歌うも良し!踊るも良し! の楽しい姉妹になって欲しいなぁ☆

みなさま、これから宜しくお願いします。


で、まだまだ退院は出来ないので、病院に通う毎日です。
ののむしは保育園に復活し、私は病院通いがはじまりました。

これからは

『ののむしとゆらこと母の成長日記』

に変更します。

ののかは ののむし なのに、ゆらは ゆらこ。
性格が物語っています。(笑)

ののむしは おてんば!活発!元気!うるさい!
ゆらこは よく寝る、泣き声小さい、あまり動かない、ゆったり。。。


ののむしはゆらこにまだ会えていません。
だからもちろん抱っこも。
早く抱っこさせてあげたい。
でも、まだ当分無理なのです。
ののむしはまだまだ小さいのに空気をよんでいて、とても聞き分けもよく、
言う事も聞きます。
ゆらこの写真を見て、胸にぎゅーってしたります。
ののむしのそんないじらしい姿を見て、私達親は毎日泣いています。

実際抱っこもしていないのに、ママのお腹はへっこんで、
赤ちゃんが産まれた事はなんとなくわかってきた。
でもどこにもいない。
でも、ママは時々いなくなってゆらこの所にいく。

親としては赤ちゃん返りの方がよっぽど嬉しい。
何か事情があると言う事をののむしはちゃーんとわかってる。

ののむしが愛おしくてたまりません。

IMG_4862.JPG


ゆらこもそんなお姉ちゃんがいてよかったなぁ。。。
ののむしもちょっとひ弱だけど、きっとお姉ちゃんが大好きになるであろうゆらこが産まれてよかった。

IMG_5110.JPG

これからの2人の成長が楽しみです☆
母、今まで以上に頑張ります!!



posted by ののむし at 21:23| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

ののむし2歳5ヶ月

ののむし、2歳と5ヶ月に突入しました☆
IMG_4786.JPG

ここでもよく記録してきましたが、言葉の発達にはビックリです。

そして、昨日は保育園の 保護者会 に参加してきました☆
結構保護者会に憧れていて、ドキドキワクワクしながら参加したのでした。(笑)

いやぁ、楽しい会でした。(笑)

日中の子供達の様子をビデオに録ってみせてくれたりしました。
ごはんやおやつの前に
「みーんな そーろって ごーあいさつー♪ ピー!!」
という歌を歌っていたんだけど、この最後の ピー!! で、一気にみんなお手手をおひざに置くの。(笑)
それが可愛くって。。。。
家に帰ってごはんの前にやってみたら、見事、ピー!の号令で手を膝におきました。
習慣で素晴らしいですね。(笑)

3つのグループに別れてディスカッションみたいなのもやったんですが、
くじ引きでトンボシールのくじを引いたママさん達とお話しました。

トイレトレーニングの話や、男の子の甘えんぼについてや、病気のこと、通っている小児科はどこがいいか とか。

はっきり言って、ママさんたちとの情報交換が一番いいです。

「特にきまった小児科がなくて、いつも何処に行くか迷う。」という意見。

私はタダだし、症状によって行く病院が違い、あまり酷くない風邪のときは漢方メインの病院へ言ったり、結構酷い症状の時はここ とか分けて行っているんだけど、みんな同じように迷ったり悩んだりしてるんだなぁ って気付いた。

あとはうちのクラスは男の子が多くって、とんぼチームの女の子の親は私ともう1人だけだった。

しかも、向かいに座ったママさんのお子さん(男の子)は、朝、通園すると走って寄ってきて笑顔と共にバイバイしてくれる子だったので、その事をお話すると、

「うちに帰ってきてから ののか ののか と毎日言うんです。。。。たぶん ラブなんです。。。すみません。。」

と恥ずかしそうに言うから笑っちゃって、「ぜんっぜん!いいですよーっ!むしろありがとうございます」なんて言っちゃって。(笑)

今回の保護者会で、毎日朝忙しそうに子供の世話をして支度して小走りで出て行くママさん達が怖かったのは正直な所だったんだけど、実際に話してみてみなさんとても気さくでいい人たちばかりでした。

その後はなんか妙に仲良くなって、みんな笑顔でバイバイ☆
あぁ、行ってよかった。

まぁ、ディスカッションでは私も張り切っちゃって、先生よりも場を仕切ってしまった感じで、ママさん達は先生よりも私の顔を見ながら話してくださってたんで、ちょっと反省。(笑)
でも、先生もとてもいい方たちで良くして下さるので、保育園に通わせてよかったなぁ なんて再確認もしたわけです。

うちの保育園は人数がとても多いので、クラスも2組あります。
今回の保護者会は2組合同だったので、ワイワイって感じでした。

そして、私を含め、妊婦さんが3人。
そのうちの1人は予定日が私と2日ちがい。

「暑いですよね〜。」「子供の抱っこがキツいですよね〜。」「楽しみですね〜。」
と、思っている事はみな一緒でした☆(笑)


おっと、自分の話になっちゃった。。。

IMG_4738.JPG


ののか、お歌がとても上手になりました。

「ゲゲゲの鬼太郎のテーマ」 「かえるのうた」 「どんぐりころころ」
「となりのトトロ」 「さんぽ」 「おててつないで」 「アイアイ」

あたりがよく歌う歌んですが、保育園にお迎えに行ったら、必ず ゲゲゲの鬼太郎を歌います。
そして、私が歌わずに黙っていると、

「ママ!!うたってーーーーーーーーっ!!!!」

と猛烈な声で言います。(汗)
しかも恥ずかしがって小さい声だとまた「うたってーーーー!!」。
しかもヘビーローテーションさせます。

はい、習慣ってすばらしいですね。

今じゃ私は保育園から家までの道のりはそれは大きな声でののむしと二人

「げ! げ! げげのげーーーっ!!あっさーはねーどこーでぐーぐー グー!!!!!」

です。(笑)


会話もだいぶ成立してきました。

私 「ののー、みんみ(牛乳)飲む〜?」
のの「うん。ピーしてあちちみんみね〜。(レンジでピーしてあったかい牛乳ね)」
私 「わ、わかった。」

みたいな。(笑)

おやつにはカルシウムがたっぷり詰まったウエハースをたまにあげるんだけど、いつも長いから半分に折って渡していました。

そして おととい、

私 「ののー、ウエハース食べる?」
のの「うん!あけて!」
私  ”ウエハースの袋をを開ける、、、、”
のの「半分こ しないでね!」
私 「!!」


ビックリしました。
今までは私に渡されるまま、言われるままにやってきた事が今はそううまく行かなくなってきています。(笑)
そして、意外にも几帳面なので、手が汚れたら手洗い。甘いもの食べたらハーミー(はみがき)←これエラい 、食べ物を服にこぼしたら「お着替え。」。

成長は嬉しいですが、妊婦の私の心の声は「え〜、今やっと座ったのに。。。」(笑)。

IMG_3935.JPG




私は、動きが活発すぎるののむしに対して、一番気を付けていることがあります。

それは、

『ゆっくり 優しく話す』 こと。

イライラしていても気を付けています。
その効果あってか、ののむしはゆっくり優しく話してくれます。
決して攻撃的な話し方はせずに、なるべく丁寧に。

こないだ保育園の年長さんのお母さんが玄関で靴がうまく履けずにいた子に

「は〜ぁ!? 早くしろっつってんのぉ!いつまで待たせんの〜!?いらつく〜」

と大声で言っていました。
ののむしはビビって立ち尽くしていました。
ビビって立ち尽くしてくれてよかったなぁ と私は横で安心しました。(笑)


子供育てる。

マニュアルや公式はない。

最低限の事は教えるけれど、あとは 私を磨く 事をすればいいんだと思ってる。
ののむしは私を見て育つ。
おおきくなって

「ママみたいなママになりたい」
って言ってもらえるように。

人間は原点に帰りたがる性質を持っているんだと思う。
渡り鳥だって産まれた所に帰るように、動物はみな、故郷を大事にする感覚が備わっている。
大人はみな、大学時代、中学時代、幼稚園、幼児 の頃の時々戻れる暖か〜い記憶があるから、頑張っていられるのかもしれない。
私みたいないなかっぺは、ふーっと深呼吸出来る故郷のおかげで明るく生きて行けるんだと思っている。

ののむしがこの先、どんなにヤンキーになっても(笑)、幼少時代の家族とのふれあいからしみ込んだ感性があればきっと戻ってくる。

ののむしの感受性を決して笑い飛ばさず、いつでも真剣に向き合いたい。

これからもっともっと言葉が増えていってケンカもするかもしれない。
これが結構楽しみでもある。

こういう関係が私が死ぬまで続くと思うと、あぁ、幸せ。(笑)


子供を産んでよかったんです、私。

そして、また産めることを心から喜んでいるんです。


今は外帰り出産のための荷造りの途中。
ここでダラダラと書いていたら、あっという間に1時間!!
はやっ!
ってか、ながっ!!(笑)

今回もおつきあいいただいてありがとうございました〜☆(笑)

PS:「ブログ読んでます〜」というコメントをたくさん頂くようになりました。
   嬉しいです、とても☆ありがとうございます。
   えっと、よかったらコメントの残してってくだされば尚嬉しいです☆(笑)
   ママさんは体験談やアドバイスを、プレママさんは思いや希望を。
   どうぞこれからも宜しくお願い致します☆









posted by ののむし at 13:50| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

ののむし 2歳4ヶ月

ののむしは最近、「自分」というものが見え隠れするようになりました。

IMG_4548.JPG


まずその1。

◯保育園に行く時、着ていく服を選び始めた。
    着ていきたい服じゃないと、上半身裸で大泣き。
    どうしてもヒラヒラのワンピースじゃなきゃイヤみたい。
    普通のTシャツとかだとふんぞり返って泣く。

◯読みたい絵本、食べたいもの、を主張する。
    今までは「これ読もうか」って私が誘って、読んでたけど、
    今は自分で「これみようか」って持ってくる。
    ご飯も白ご飯にふりかけかけたら、かけたくなかったようで、
    手をつけない。


ってな感じかな。
これって 子供 って感じ。
赤ちゃん&幼児から少しづつこうやって大きくなっていくんだろうなぁ。

今日も保育園の帰り、自転車乗ってて ひたすら鼻歌歌ってたもんなぁ。
私が知らない歌だったから、きっと保育園の先生が歌ってくれたんだろうな。


保育園に行き出してから大きく変わったことは、
言葉。

家に2人でいた時よりも覚えるスピードが違う。
今日「ママー、できないよぉ」っておもちゃを持ってきた時は驚いた。
しかも、お風呂で飲み物を飲んでたんだけど、「もうないよ、出ようよぉ」と誘うと、
「まだ入ってるからね。まだよ」って。

これって会話じゃーん♪

お部屋で1人で遊んでいるときも、
「ののと ててつないで いこーよ ほら ちゃんと! まってー」
とどこかで聞いたようなこと言いながらぬいぐるみと遊んでたり。


お腹の子も日々動きが活発になってきた。

と同時にののむしの甘えんぼも活発化してきた。(笑)
それがとっても可愛いんだけど、お腹が張って痛い時に「抱っこー」って言われてもすぐに抱っこしてあげられないのが辛い。
無理して抱っこしたりするんだけど、ちょっと辛い。


子供が二人になる。

これって私の願望だったし、とても嬉しいこと。
でも、子育てはやってみないとわかんないことだらけ。
子供がいない時は 少し大きい子供を想像しながらあーだこーだ想像してたけど、
実際には赤ちゃんから毎日育てていく過程がある。
理想と現実のギャップ。
だからこそ自分の母親にも感謝できたし、世のママさん達にも敬意を示すようにした。

母乳、ミルク、離乳食、病気、いろいろ振りまわされて、
やっとここまで来た感じ。

そして、またこのサイクルが始まろうとしている。
またやれるだろうか、私。(笑)

二人目は少々手荒くなるとは聞くけれど、少々ですむのか。。。。。?(笑)
二人目は丈夫になりそうだ。(笑)


今、二人目の名前を考え中。

そういった意味でも、ののむしは何かを察知してるのだろうか。
「ん?自分だけじゃなくなりそうだぞ?」みたいな。(笑)

甘えんぼや駄々っこ、かんしゃく起こして泣いたりするのも日々多くなってるけど、そんなののむしと共に私も成長しよう。


忍耐強くなりますな。

だいたいの事に カッとならなくなった自分もいます。

その反面、「こんな事でイライラするのか、自分」と気付いたこともあります。

言葉のわからない子に「なんでわかんないの、、、、」なんて泣きたくなったりもします。

あまりにかんしゃくが酷いときは無視したくなる自分もいます。

でも、でも、

いつも頭の中にはののむしがいて、可愛いなぁ って思ってる。

お迎えに行ったら会えるのに、携帯で撮ったムービー観たりして。

我が子 って不思議な存在だ。

親になるってわかんないけど、きっとこれからもわかんないんだろうけど、

ひとつ言えるのは、

ののむしが悲しいと、私も悲しいということ。

ののむしが嬉しいと、私も嬉しいということ。

恋愛にも似てるけど、彼や旦那なら「よかったねぇ」で終わるだろう。

彼女の感情は私に繋がってる。


っ!!


ってことは、私の感情も彼女に伝わってるんだ。。。



き、気をつけよ。。。っと(笑)

posted by ののむし at 01:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

ののむし2歳3ヶ月

IMG_4451.JPGはびび(花火)

がっぷ(バッグ)

おきてからね(起きてからね)

おうちかってからね(おうちに帰ってからね)

おちまいよ(おしまい)

おいがい!(お願い)

ぱいまー(ただいま)

なかないよ(泣かないよ)

こわい?ばーぼーぶよ(怖い?大丈夫よ)

いたかった?ばーぼーぶよ(痛かった?大丈夫よ)

こっちよ!ついてきて!

ママーってえんえんちたの(ママ〜って泣いたの)

ママ、あーあーちたの?(ママ、お歌の仕事?)

またあちたねー




可愛い可愛いののむし語録。
記録しないと忘れてしまいそう。
慣れない言葉で一生懸命に話してくれる。

昨日、ののむしを抱きしめながら泣いてしまった。
ののむしは
「ママ、どちたの?泣かないよ?ごみんね。ばーぼーぶよ」
と言いながら私のメガネを外して涙を拭いてくれた。

それが嬉しくて、またより深く泣いてしまった。

子供を産んでよかった。
私はきっとののむしと、お腹の中にいる赤ちゃんを生む為に生まれてきたのかもしれない。

私は今までの人生を決して悔いてはいないし、むしろかなり充実した毎日を過ごしてきた。
でも、まだこう思わせてくれる存在。
ありがたい。

今、後ろで ごっこ遊びをしているののむし。
何をしているかと思えば、朝、保育園に行く前の私とののむしのやりとりをお気に入りのぬいぐるみ「エルちゃん」再現していた。
「せんせーい、おがいしまーしゅ」
(先生、お願いします)
と、エルちゃんを私に渡し、
「ママ、あーあーしてくるからね。あぼぼよ。しゅぐくるからね。」
(ママは歌のお仕事に行ってくるからね。元気で遊んで待っててね。)
と言った。
私がいつもののむしに言う事だ。

ののむしは7月1日から保育園に通い始めた。
保育園に通うとまず、たくさん病気を移してもらって強くなるイメージだったけど、
夏のせいか、あまり病気はもらわないで済んでいる。
でも、環境の変化から、お熱を出したり、吐いたり、発疹が出たり、
泣き虫になったり、夜中夢を見て泣いて起きたりするようになった。

まさに、「無理させているんじゃないか!?」と親として不安に陥った。

二人目がお腹にいる事も徐々に気付いている。
自分が赤ちゃんに返るのではなく、エルちゃんを赤ちゃんとして迎えて、
エルちゃんを私に「赤ちゃんよ」と優しく抱っこで渡してくれたりする。
私が「赤ちゃ〜ん♪ほら可愛いねぇ。」と言うと、ののむしはエルちゃんの横からスッと私の腕に入ってきて目をつぶりながら一緒にゴロゴロする。
これがたまらなく可愛い。
そして嬉しい。

私が!という主張ではなく、こういう形をとったののむしが本当に愛おしかった。

もし、本当に生まれてきたら「私が!」に変化するかもしれない。
でも、それでいいんだ。


最近、ののむしは 「かえるのうた」 と トトロの「さんぽ」
をメドレーで大合唱するようになった。

それをせっせとEDIROLで録音する親ばか2人なのです。




posted by ののむし at 21:52| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ののむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。